20中盤から婚活を始めることに

■婚活体験記①
■婚活体験記②

人よりモテないので、婚活に苦労することを見越して、早めスタート

社会人になるまでほとんどモテたことがなく、社会人になってからは全く出会いのチャンスもなくて 恋人もいない状況が続いていました。

そのため、自分の場合は行動を起こさないと結婚相手を見つけることができないと思い、婚活をすることにしたのです。 自分の周りで20中盤から婚活をするという人はいませんでしたから、いかにも自分が必死になっているような感じになって しまったものの後から後悔をするようなことになっても遅いと思いましたから、 慌てて活動をする気はありませんでしたがのんびりと結婚のために活動をしてみることにしました。

数撃ちゃ当たる?!

そのため、まずは色々な方法を試してできるだけ理想に近い相手を探してみるところから始めました。 利用をしたのは婚活サイトに結婚相談所、街コンや婚活パーティーといったものに参加をすることでした。

一番可能性を感じたのはサイトを利用した活動で、とにかく多くの人から反応があったので相手探しには困らなさそうだという印象がありました。 その一方で誰でも簡単に活動ができるので、とにかく数をこなして相手を見つけようとしていると感じられる人も多く、相手の選別は難しそうだと思いました。

結婚相談所はその点、真剣さが違いますからいい加減な人に当たるということはなさそうでしたが、その一方で紹介してもらえるのは 自分と同じぐらいのレベルの相手になりますから、高望みは一番難しそうだという印象がありました。

出会いを求めてパーティーに参加をするというのは、これは多くの人と出会うことが出来るチャンスのように思えましたが、 多くの人がいる中で積極的にアプローチをするというのはなかなか勇気がいるもので、 最初の頃は積極的に動くことができませんでした。 中には声をかけてくれる人もいたのですが、そのような場でどういった受け答えをすれば良いのかわからずに、 場の空気に馴染むことができなかったのです。 その一方で最初から打ち解けた雰囲気の中から始まるので、 上手くやれば比較的早い段階から良い関係になることができそうだなと感じました。

同年齢が参加する婚活パーティーでの楽しい体験

私は今までいろんな婚活パーティーに参加し、それぞれ良い思い出がありその時の出会いをきっかけに結婚することができました。

まずはじめに参加したパーティーは少人数制のパーティーで、男性がそれぞれの部屋で待機している女性と話す形式でした。このパーティーを選んだ大きな理由は、私自身がもともと消極的な性格で、自分から積極的に女性にアプローチするのが苦手ということもあり、この形式なら確実に女性と話すことができ、出会いのきっかけとなる第一歩が踏み出せると思ったからです。そして、数人の女性と話した後に気に入った女性を紙に記入しお互いが気に入った場合はカップル成立となりましたが、残念ながらその時はカップルになることはできませんでしたが、初対面の女性とコミュニケーションをとるための会話のきっかけなどを学ぶことができよい経験となりました。

次に参加したのが大人数が参加するパーティーで、前回参加した形式は閉鎖的な空間で初対面同士で緊張感があったように思え、今回は開放的な空間で話すことができる大人数形式のパーティを選びました。

このパーティーは男女それぞれ向かい合わせで椅子が用意されており、定められた時間内で会話ができる形式で、前回よりも多くに方と話すことができ、とても賑やかな雰囲気でリラックスした状態でお互い会話をすることができたのがとてもよかったです。しかし、多くの方と会話ができることが前提のパーティーなので会話の内容も日常の何気ない会話から相手とコミュニケーションをとる方から、家族構成や年収に結婚後の住居など現実的な話をする方など、短い時間で臨機応変に会話に対応する必要があり、その時は会話の内容や自分が聞きたい内容など何も準備をせずに参加したので精神的に気をつかいとても疲れました。このパーティーに参加して感じたことは、パーティーに参加することをきっかけに相手とコミュニケーションを図るのではなく、ある程度自分なりの結婚に関する考えや相手の質問に対する返答など事前の準備をする必要があることを知りとても勉強になりました。

最後に参加したの同じ趣味をもつ同士が参加する婚活パーティで、私がアウトドアなどが趣味でこの趣味が生かせるのではないかと思いバーベキューパーティーに参加することにしました。参加時は現地集合ではなく、参加者は大型バスでの移動でしたが、この時は私は緊張感があったせいか隣に座った女性とも特に会話なども盛り上がる事もありませんでしたが、中には移動の時点で積極的にコミュニケーションをとり雰囲気がよい方もいました。

そしてバーベキューをする自然豊かな公園に集まりお互い簡単な自己紹介をしてパーティーが始まりました。このパーティに参加してよかったのは、私は女性とのコミュニケーションは苦手だったものの、趣味のアウトドアの知識を生かしていろんな準備など他の参加者よりテキパキとこなすことができ、参加者の中には会話を重視して準備などに全く参加しない方もいましたが、女性の中には私が積極的に準備をしていると手伝ってくれる方もおり、その中で数人の女性とコミュニケーションをとることができましたが、準備の作業中の参加方法もそれぞれの女性により異なり、特徴や性格が分かりとてもよかったです。また、このパーティでは一度コミュニケーションをとり相性がよいと感じた方とはパーティが終わるまで日常的な会話から深い話などいろんな話ができ、そして、男女一対一のみでなく複数の組み合わせでも違和感がなく、どちらか一方的な会話が少なかったことがとてもよかったです。

私がこれらの婚活パーティに参加してまずこだわったことは、同年齢の方が参加していることが第一条件で、いくつか同世代共通の話題があったことでいろんな場面で会話のきっかけとなりとても助かり、それぞれの婚活パーティでとても楽しい体験ができました。


茨城・筑波の婚活パーティ | 婚活ノウハウ